睡眠不足は禿げる原因の1つになります。

睡眠不足は禿げの原因

 

禿げる原因はいくつか考えられますが、睡眠不足もその1つです。

 

育毛のためには午後10時〜午前2時の間に眠っていることが望ましいと言われており、この時間帯にぐっすりと眠ることで髪が成長するためのホルモンの働きが活発になると言われています。

 

逆に睡眠不足が重なって新しい髪が作られないことで抜け毛が促進すると最終的には禿げてしまう原因となるのです。

 

更には睡眠不足から疲れやストレスが溜まることで更に禿げが進行する可能性もあります。

 

また特に若い世代にありがちな「平日の平均睡眠時間は5時間程度なので週末は寝て過ごす」など、睡眠時間がバラバラなのも育毛のためにはよくないと言われています。

 

若いうちは睡眠不足でも体力的に問題ない時が多く、睡眠不足が重なると若はげという事態にもなりかねません。

熟睡するには食事の時間も大事

「毎日遅くとも0時には眠る」などできるだけ決まった時間には寝ているように心掛けることで体がそのリズムを作り、髪の成長ホルモンも分泌されやすくなるようです。

 

そしてぐっすり眠るためには「寝る直前に食事をしない」「お腹が空いた状態で寝ない」ことも重要です。

 

毎日とは言わないまでも週に2回は髪のためにぐっすりと眠る日を作り、規則正しい生活を送ることで禿げを防止できる可能性は十分にあるのです。

紫外線のあたりすぎは禿げる原因の1つです。

紫外線は髪へのダメージも大きい

 

紫外線にあたりすぎることは禿げる原因の1つだと言えます。

 

まず様々なダメージから髪を守っているキューティクルが剥がれて髪が傷んだり抜け毛が進む可能性があります。

 

またお肌が紫外線にあたりすぎた時と同様に、頭皮も老化して抜け毛が進行するだけでなく新しい毛が作られにくいです。

 

更には紫外線は頭皮を乾燥させる原因にもなり抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

 

仕事をはじめ、様々な理由で外に長時間いる人は特に紫外線にあたりすぎないように注意が必要です。

 

紫外線が原因で抜け毛や薄毛が進行しないための対策はいくつかあります。

 

頭皮から出る汗が気になったら定期的に拭き、汗をかいた日の夜には必ずシャンプーで頭皮の汚れを落としましょう。

 

そして紫外線にあたりすぎないためには帽子や日傘で対策することが望ましいです。

汗をかいたらシャンプーで綺麗に洗い流す

帽子を使う場合について、自分の頭に合わない小さなサイズを無理して被ると頭の血流が悪くなってかえって抜け毛が進行します。

 

また通気性の悪いものも頭に湿気がたまり、頭皮が常に湿った状態で菌が繁殖する可能性があります。

 

自分の頭に合った通気性のよい帽子を使うようにしましょう。

 

気にし過ぎてもストレスになりますが、特に紫外線の多い時期は帽子を被る習慣を付けることをおすすめします。